「 山の歩き方 」一覧

  • ガレ場の歩き方
    ガレ場とは? 「岩壁や沢が崩壊して、岩や石が散乱している場所」のことをいいます。 ガレ場は、岩がゴロゴロしているので、...
    ページへ
  • 鎖場の歩き方
    鎖場(くさりば)とは?一般登山道の急斜面の岩場などに、登降時の安全確保のための「鉄のクサリ」が設置されている場所のことをいいます。...
    ページへ
  • 梯子の歩き方
    梯子(はしご)とは? ここでいう梯子とは、山道に設置されたハシゴのこと。 緩やかな坂道であれば、クサリが多いのですが、...
    ページへ
  • 岩場の歩き方
    岩場とは? 岩肌がむき出しの山道のこと。 ガレ場と同様に、足を滑らす可能性が高いので、雨天時や、前日に雨だった場合は、...
    ページへ
  • 下り方
    転倒や滑落事故の多くは、下りで起こっています。登りよりも下りの方が危険であることを認識しよう。 基本的には、歩幅を狭くし、慎...
    ページへ
  • 登り方
    平地で歩くよりも歩幅を狭く、ゆっくりと登っていくことがポイント。歩幅を狭くすることで、登りで使う太ももの筋肉疲労を軽減することがで...
    ページへ
  • 山での歩行
    山では、長時間、それもザックを背負っての行動なので、平地と同じように歩いていたら直(す)ぐにバテてしまいます。 山歩きのポイント...
    ページへ
ページ先頭へ