「 山の危険生物 」一覧

1 2
  • ツツガムシ対策
    ツツガムシについて ツツガムシは、ダニの一種です。 ツツガムシは、全国の山林や草原、河原などの広範囲に分布。 ツツガ...
    ページへ
  • ウルシ
    ウルシとは ウルシ科の植物は、アレルギー性接触性皮膚炎を起こす代表格です。登山中にかぶれる植物で最も有名なのはウルシです。 ...
    ページへ
  • 登山の熊対策
    登山の熊対策
    山で出会う最大の野生生物が熊です。 このページでは、登山中に山で熊に出会った場合の熊対策を書いています。『出会わない...
    ページへ
  • 登山のイノシシ対策
    登山のイノシシ対策
    イノシシは、アジアやヨーロッパなどを中心にアメリカ大陸やオーストラリアなどにも生息している、世界的にもメジャーな野生生物で...
    ページへ
  • 登山のブユ対策
    登山のブユ対策
    ブユ(関東では「ブヨ」、関西では「ブト」とも呼ばれる。) ブユとは 体長3mm ブユはハエに似ていますが4分の1...
    ページへ
  • アブ対策
    北海道から九州の山地に多く生息 4~9月。薄明薄暮に吸血活動を活発化する。集団で吸血することもあります。 アブ...
    ページへ
  • 登山の蚊対策
    生息場所 草原や樹林帯 被害が起きやすいのは初夏から秋。ピークは7~8月 ヌカカ 体長1.2~2mm 集団となっ...
    ページへ
  • 登山のドクガ対策
    登山のドクガ対策
    ドクガ(毒蛾)について ドクガは、成虫だけでなく、幼虫において、ハイカーに害を及ぼす昆虫です。 有名なのが、「チャドク...
    ページへ
  • 登山のマダニ対策
    登山のマダニ対策
    山に生息する小さな悪魔、それがマダニ。 マダニの怖いところは、「噛まれたら、なかなか離れずに吸血すること」そして、「...
    ページへ
  • 登山のヤマビル対策
    登山のヤマビル対策
    ヤマビルは、日本に60種類ほど棲んでおり、体長20mm前後の大きさで、尺取り虫のような動きで移動します。 ヤマビルについ...
    ページへ
1 2