岩場の歩き方

岩場とは?

岩肌がむき出しの山道のこと。

ガレ場と同様に、足を滑らす可能性が高いので、雨天時や、前日に雨だった場合は、注意して足を運んでください

以下で、『岩場の歩き方』をご紹介します。

岩場の歩き方

バランスを崩しやすい岩場は、浮石に注意しながら、「三点確保(支持)」が原則になります。

三点確保(支持)とは

主に岩場の登下降で用いられる技術。

手足の4点のうち、1点だけを動かし、残る3支点で”身体の安定”を確実に確保すること

両手と両足の4点の内、両手(右手&左手)・片足または片手・両足(右足&左足)の3点で常に体を支え、残った足か手を動かして、次の場所に移動してください。

また、岩場の多い山に登る場合は、ソールが堅めの靴を履くようにしましょう。

ソールが硬く、安定していると、しっかりと足を運べます。ちなみに軟らかい靴だと、足の裏が痛くなりますよ。

三点確保(支持)は忘れやすい

重要なことは、『三点確保(支持)をたえず続けること』。慣れてくると、忘れてがちになります。

岩肌は、均一ではありません。岩の出っ張りに手や足を無理に伸ばしてしまい、気づけば三点確保(支持)が崩れてしまっています

岩場で三点確保(支持)が崩れると、転倒や滑落の可能性が高まります。安全な登山を心がけて、楽しい登山をしてくださいね。