山での歩行

山では、長時間、それもザックを背負っての行動なので、平地と同じように歩いていたらぐにバテてしまいます。

山歩きのポイント
  • 歩幅を小さくする
  • こまめに水分&栄養の補給
  • 小休憩をとる
  • ザック(バックパック)のベルト類は適度に締める
  • 服に気をつかう

基本的に歩幅を小さくすることがポイント。

歩幅を大きくすると、足にかかる負担が大きくなります。

ですが、登りと下りでそれぞれに歩き方にコツがあるので、それもしっかりと覚えておいてください。

またトレッキングポールを使うと、2本の足にかかっていた負担が腕にも分散されるため、登り下りが楽になります。

出発前のストレッチは重要

出発前には、ストレッチで体をよくほぐすようにしてください。

ストレッチの効能
  • 筋肉と心をほぐす
  • 血行が促進する
  • ケガをしにくくなる
  • 疲れがたまりにくくなる

ストレッチは、筋肉の緊張を緩めだけでなく、心の緊張もほぐします。

また体を温め、血行が促進されるので、乳酸がたまりにくくなり、疲れにくい。

さらに体の稼働範囲が広がるので、バランスをとりやすく、ケガをしにくくなります。

特にストレッチしたい体の部位は、次のようなもの。

ストレッチしたい体の部位
  • 肩前部分と背面
  • ふくらはぎ
  • 股関節付近と骨盤
  • ハムストリングス(太もも後面)