光を使ったSOSのモールス信号

自分の位置を知らせるために大声で叫んだり、体力を使わないためにも笛を吹きます。

その他の方法として、のろしを上げるか、ミラーや缶の底を使い光の反射を利用します。これらは、昼に効果があります。

夜ならば、懐中電灯やストロボで信号を送ります。

信号の方法を忘れたときは、第三者に普通ではないということを知らせる行動を取しましょう。

SOSの信号

ライトの光や鏡の光の反射を使って、SOSを発信する方法があります。

緊急時に必要となりますので、ぜひとも身につけてください。

A 10秒ごとに1回点灯を6回(合計1分)
B 1分間消灯

このAとBを何度も繰り返します。