登山の熊対策

山で出会う最大の野生生物がです。

kuma

このページでは、登山中に山で熊に出会った場合の熊対策を書いています。『出会わないことが当然ではなく、運がいい』と考えて、事前に対策を講じてくださいね。

熊について

日本には、ヒグマツキノワグマの2種類の熊が生息しています。

それぞれ性格が異なり、ヒグマは”凶暴”で、ツキノワグマは”比較的おとなしい”野生生物です。

以下で、それぞれの特徴をお伝えします。

スポンサーリンク

ヒグマの特徴

higuma

栄養状態によって、サイズの個体差は大きいのですが、オスの成獣で『体長2.5-3.0mで体重は250-500kg程度』。

ホッキョクグマと並びクマ科では最大&凶暴。ヒグマは、緋熊と書くこともあり緋色(濃く明るい赤色)の毛並み。

足が非常に速く、地上を走行するときには時速約50kmにも達します。当然ですが、逃げても追いつかれますので、高い場所に避難しましょう。

冬には、巣穴で冬眠をしますが、冬眠しないヒグマもおり、冬季に人を襲う場合があります。

生息場所

針葉樹林を中心とした森林地帯に生息し、日本では北海道のみに出没します。

食性

雑食性で、シカやイノシシなどの大小哺乳類、サケやマスなどの魚類、果実などを何でも食べます。

まれに人を食べることもあり、1度でも人を食べたヒグマは再び人間を襲う傾向があり、きわめて危険です。このため、人を襲う事例があれば、地元の猟友会やハンターが殺処分に動きます。

また自分が捕獲した獲物に対して強い執着心を示すため、ヒグマに奪われた荷物を取り返す行為は危険なので諦めましょう!

ツキノワグマの特徴

tsukinowaguma

サイズは、オスの成獣で『体長120 – 180cm、体重50 – 120kg』とヒグマに比べれば小さい熊です。

全身の毛は黒いが、たまに赤褐色の個体も。胸に三日月形やアルファベットの「V」字状の白い斑紋が入り(無い個体もいる)、ツキノワグマの名前の由来になっています。

生息場所

ツキノワグマは、主に本州の森林に生息しています。

夜行性で、昼間は樹洞や岩の割れ目、洞窟などに潜んでいます。ですが、果実がある時期や冬眠前は、昼間に出没することもあるので注意が必要!

食性

雑食性で、果実、芽、小型の脊椎動物、昆虫、無脊椎動物、動物の死骸などを食べます。

ツキノワグマはヒグマとは異なり、人間を襲って食べることはありませんが、肉食傾向がある個体もいます。

熊対策

日本にはツキノワグマとヒグマの2種が生息していますが、ここでは主にツキノワグマの対策をお伝えします。

熊対策として重要なのは、熊との遭遇そうぐうを避けること。そのために、自分の居場所を熊に知らせるようにしてください。

たとえば、熊鈴をつけたり、ラジオを鳴らしたりすることは有効です。たいていの場合、熊が先に気がついて逃げていきます。※ラジオの音量には気をつけてください。

野生生物は基本、「臆病おくびょうなので物音が聞こえると、自分から逃げます。人は熊が怖いですが、熊も人が怖いんですよね。

熊鈴

単独行であれば、必ず持ち運び、熊の出没が確認された山に向かう場合や、熊の気配を感じる場合は、ザックにぶら下げてください。

パーティを組んで登山&ハイキングに向かう場合は、全員が持っていく必要はないので、数人が所持するように計画を立ててください。

『熊鈴』の詳細はこちら

熊スプレー

また、『カウンターアソールト』などの熊よけ撃退スプレーが販売されています。

熊や犬などに遭遇した時に使う、アメリカ製の画期的なスプレーです。レバーを押すと、中からガス状になったトウガラシエキスが5Mから8M発射され、その強力な刺激で相手を追い払うことができます。


『カウンターアソールト』の詳細はこちら

こんなグッズを最悪を想定して、ザックに入れておくこともオススメ!

熊に出会ったら

出会い方によって、その対処法は異なります。冬ごもり(冬眠)のための食料を獲る秋口を中心に行動が活発化しますので、この時期は特に注意をしてください。

熊に出会ったら、どんな野生生物との関係でもいえますが、干渉しないということが一番大切です。刺激するような行動をせず、知らぬフリをしましょう。

また、子連れの熊と出会った場合、危険度はMAXです!子供を守るために、凶暴化します。すべての生物にいえることですが、親は、子を守るためなら、鬼になります。

kyouboukuma

そして、間違っても、闘おうとしてはいけません。いくらナイフなどの武器を持っていたとしても、熊の皮膚は分厚く、熊に致命傷を与えることはできません。さらに、熊には「鋭いキバとツメ」があるので、銃器の持たない人間は無力です。

以下で、状況別の対策を4つお伝えします。

熊は気づいていないが、こちらからは姿が見える場合

熊との距離があって、熊が気づいていない場合は、放っておけばいいです。自分の進行方向にいるのであれば、しばらく様子を見て立ち去るのを待ちましょう。

スポンサーリンク

ある程度の距離があり、熊はこちらに気がついて”ジッ”としている場合

熊がこちらに気づいて、”ジッ”としている場合は、たいてい熊のほうが人間をやり過ごそうとします。

そのときは、クマは背中を見せて逃げるものを追う習性があるため、”ゆっくり”と静かに後ずさりながら、その場を立ち去ってください。そして声や音を出さないこと。

こちらが気づいたときにはすでに熊は逃げている状態

熊が一目散に逃げていく場合は、そのままにしておいて問題ありません。当然ですが、追っかけないでください。

目の前で”バッタリ”会った場合

1番出会いたくない状況が、至近距離での遭遇そうぐう。このとき、熊もパニックに陥っているので、 攻撃してくる可能性が高いです。

そして、ツキノワグマに襲われる可能性が1番高いのは、この場合です。

ここで一般的にいわれる「死んだふり」などは逆効果です。積極的に抵抗して防御したほうがいいです。

ただし至近距離での遭遇は、 本当にまれなケース。偶発的な条件が重なって不幸な事故が起こります。

熊にかまれたら

熊にかまれた場合は、細菌感染の恐れがあるので、傷口の消毒をしたのち、下山して医療機関に行ってください。

ページ先頭へ