登山のミドルレイヤー

ベースレイヤーの上に重ねるのが、「ミドルレイヤー(ミッドレイヤー)」。

以下で『登山のミドルレイヤー』についてご紹介します。

ミドルレイヤーとは

ミドルレイヤーとは、ベースレイヤーとアウターレイヤーの中間着。ベースレイヤーとアウターレイヤー以外は、すべてミドルレイヤー。

ミドルレイヤーの役割

ミドルレイヤーの主な役割は、体の保温汗処理

  • 体の保温
  • 汗処理

ミドルレイヤーには、体温で温められた空気をため込み、体を保温をしながら、ベースレイヤーから送られてきた汗を吸い、蒸発させ、外気またはアウターレイヤーへと湿気を送る機能が求められます。

つまり、ミドルレイヤーは、ベースレイヤーとアウターレイヤーの調整役。

スポンサーリンク

ミドルレイヤーはしっかりと選ぼう

いくら保温力があっても、透湿性が発揮できないと、汗が処理されず、汗冷えの原因になるので注意が必要。

オーバースペックではなく、ちょうどいい保温力のミドルレイヤーのチョイスが不可欠でかつ重要。ミドルレイヤーを2枚用意して、組み合わせることで寒暖に対応するのもOK。

ミドルレイヤーの種類

ミドルレイヤーは、多種多様。具体的には、次のようなものです。

  • フリース
  • カットソー
  • 山シャツ
  • ウインドシェル
  • ソフトシェル
  • インシュレーション(ダウン)

昔はミドルレイヤーの種類が少なく、明確な住み分けがありましたが、最近では、二つの機能(保温と汗処理)を備えたものよりアウターに近いものなど、簡単には線引きがしにくいのが実情です。

フリース

ミドルレイヤーで一番の温かさ

フリースとは、起毛仕上げがされたウェアのことで、ミドルレイヤーの代名詞。

特徴としては、起毛繊維の間に暖かい空気(熱)を蓄え、最も保温力が高いミドルレイヤーといえます。また伸縮性・速乾性にも優れ、一年を通して登山で大活躍!でも、風には弱い…


使用される化学繊維の長さによって、極薄のものから厚いものまでそろっています。薄いものなら汗抜けもよく、行動時に着用するのもGood。

カットソー

カットソーとは、ジップアップシャツのことで、『ジップT』とも呼ばれます。薄手の化学繊維素材のものが多く、汗処理能力が高い。

山シャツ

伝統的なミドルレイヤーが山シャツだ!

山シャツとは、Yシャツのようなにボタン留めで襟付きの形状のもので、伝統的なミドルレイヤー。

特徴としては、さらりとした着心地で、衣類内換気がしやすいこと。


ウール素材のものが大人気。ウールだと適度な保温力があり、風もそこそこ防いでくれる。また汗冷えしにくいのもうれしい♪

乾きやすく、防臭効果のある多機能の化学繊維素材の山シャツは、夏山でも大人気。

スポンサーリンク

ウインドシェル

ウインドシェルとは、主に防風のみに特化した極薄のジャケット。

ソフトシェル

風を通さず、動きやすい

ソフトシェルとは、撥水加工が施された、ストレッチ性のあるハードシェルのこと。

ハードシェル

防水性、撥水性、通気性に優れた”冬山の万能ウェア”

この『ハードシェル』の機能から、防水性を落とし、その代わりにストレッチ性を高めたウェアといえます。さらに透湿性もあります。

水を弾き、風をよせつけない、サラッとした肌触り。


防水性がハードシェルより劣るとはいっても、撥水加工のため小雨程度なら、アウターとしても十分活躍します。

フリースよりも保温力は劣るが風に強い。風を通さずしなやかで、動きやすい特徴がある。

インシュレーション

インシュレーション(インサレーション)とは、「断熱材」のことで、中綿を封入した防寒用ウェア全般のこと。ミドルレイヤーにおいては、主に薄手のダウンジャケットやダウンベストがこのインシュレーションに該当します。

断熱素材としては、「ダウン(羽毛)」と「化学繊維」の2種に分けられます。

ミドルレイヤーは夏でも必要

ミドルレイヤーは、春秋はもちろん、標高2000m以上の山ならば、夏でも用意しておきたいウェア。山小屋やテント周りのみならず、稜線歩きで心地良くかいたはずの汗が休憩時に冷えることもあります。

そんなときに羽織れるミドルレイヤーを必ず用意してください。