登山のベースレイヤー

肌に直接触れるウェアであり、様々なリスクを防いでくれるのが「ベースレイヤー」。

以下で『登山のベースレイヤー』についてご紹介します。

ベースレイヤーとは

ベースレイヤーとは、肌に直接身に付ける服のこと。下着などのアンダーウェアと同義ですが、メーカーによっては区別されて分けられている場合もあります。

登山のベースレイヤリングにおいては、雨や寒さから身を守るための上着に目が行きがちだが、ベースレイヤー、すなわち下着こそが一番大事といっても過言ではない。

スポンサーリンク

ベースレイヤーの役割

ベースレイヤーの役割は、『山行中に発生する「」を素早く吸収し、発散させること』。これにより肌をドライに保ち、また汗冷えを防いでくれます。

また、冬の寒い中、いくら着込んだとしても、汗によるベタつきがあれば、不快な山行になってしまいますよね。

ベースレイヤー選びは命にかかわることも

体温が上昇すると「汗」をかきます。汗(水分)は蒸発する際に周りの熱を奪うので、体温を下げてくれます。

でも、その汗が必要以上に体温を奪ってしまうことも。たとえば汗をかいた状態で稜線の強い風を浴び続けてしまったときなど。場合によっては、低体温症や凍傷の可能性も。

そこで、ベースレイヤーの出番となります。汗を素早く吸い取り、外へと排出をうながす。

ベースレイヤーの性能が命にかかわることもあるので、しっかりと選んで着込みましょう。

ベースレイヤーの素材

ベースレイヤーは、行動中や休憩中を通じて常に肌に密着しています。だから保温性と通気性を備えていることはもちろんですが、汗や雨などによる濡れも軽減する素材でなければなりません。

注意すべき点としては、綿は登山には不向きであること。綿は、肌触りがよく吸汗性も高いが、乾きにくいという大きな欠点があります。

下の3タイプから、選ぶようにしよう。

ベースレイヤーの素材としてよく使われるのが、ポリエステルなどの化学繊維とウールなどの天然素材。また両方を合わせたハイブリッド繊維もあります

  • ポリエステルなどの「化学繊維」
  • ウールなどの「天然繊維」
  • 化学繊維と天然繊維の「ハイブリッド繊維」

化学繊維

化学繊維とは、ポリエステルを代表する化学合成繊維のこと。近年、3シーズン用のアンダーウェア素材として主流なのは、この化学繊維です。

化学繊維の特長は、吸水性と速乾性に長けていること汗などの水分を素早く吸い上げて、生地全体に拡散させ、外へと蒸発させてくれます。暑い時期や行動量の多い山行に向いている。肌を常にドライな状態に保ってくれるので、快適な着心地もキープできるので大人気。

また、軽量で強度があることも特長のひとつ。

でも、いくら吸水速乾性が優れていても、乾く過程で熱を奪うため、濡れによる不快感やひんやり感は残ります。

スポンサーリンク

ウール

ウールとは、羊からとれる天然毛のこと。肌触りがよく、保温性・抗菌防臭性に優れた長所があります。

「濡れた状態でも保温性が高く、冷たく感じにくい」という温度調整機能を有しているため、夏は涼しく、冬は温かい。そのため古くからアンダーウェアとして利用されています。

また抗菌防臭性があるため、入浴が難しく体臭が気になる長期縦走でも重宝されます。でも速乾性では化学繊維にかないません。

また、メリノ・ウールという高品質ウールもあります。

メリノウールとは

メリノウールとは、メリノ種の羊から採れるウールのことで、多くのブランドが採用している高品質なウール

「メリノウール」には、ウールの弱点であるチクチクした肌触りがなく、なめらかで愛用している登山者も多い

ハイブリッド繊維

ウールやシルクなどの天然繊維とポリエステルなどの化学繊維を組み合わせたもの。

それぞれの長所を程よく兼ね備えているため使い勝手がよく、様々なシーンに対応♪

たとえば、パタゴニアの「リサイクルポリエステル+メリノウール」、ファイントラックの「ポリエステル+麻」など。