登山のレイヤリング

山でのウェアは重ね着(レイヤリング)は基本。

以下で『登山のレイヤリング』についてご紹介します。

レイヤリングとは

レイヤリングとは、重ね着のこと。レイヤード」ともいわれます。

そのレイヤリングシステムの基本となるのは、3つのレイヤー(層)。

直接、肌につけるウェアを『ベースレイヤー』。その上に重ねる保温着を『ミドルレイヤー』。一番外側に着て雨風を遮るウェアを『アウターレイヤー』と呼びます。

  • ベースレイヤー
  • ミドルレイヤー(ミッドレイヤー)
  • アウターレイヤー(アウター)

スポンサーリンク

この3つのレイヤーを重ねることで、風・雨を防ぎ、暑さをしのぎ、体温をコントロールします。

寒暖に応じて、何枚もの服を重ねて着たり脱いだりして、体温を合理的にコントロールすることで、山岳のいろんな環境変化に対応させようという着こなしをしてください。

そしてウェアリングの基本は、「暑くも寒くもない状態」をキープすること。これが一番重要です。

主な役割
ベースレイヤー 吸汗&速乾
ミドルレイヤー 体の保温&汗処理
アウターレイヤー 防風、防水、透湿

以下で、もう少し具体的に説明します。

ベースレイヤーの役割

肌に密着し汗をすばやく吸い上げて肌表面をドライに保つ。同時に吸い上げた汗を生地表面に拡散し、蒸発させる。

ミドルレイヤーの役割

保温を担当。また吸い上げた汗をさらに外部に伝達させる。

アウターレイヤーの役割

風雨をシャットダウンし、厳しい外部環境から体を守る。また透湿性素材により、ウェア内の湿気を外に放出する。

スポンサーリンク

レイヤリングの注意点

レイヤリングの際に注意すべきことが数点あります。

  • 綿(コットン)100%は避ける
  • アウターレイヤーの上にミドルレイヤーを着ない

衣類の素材に関して、綿(コットン)100%は避けてください。綿製品は、汗や雨で濡れると重くなり、さらには乾燥しにくく、逆に体温を奪うからです。

またレイヤリングの役割分担も重要です。上記で説明した「レイヤーの役割」を理解し、正しい順番で着用することで、より快適な登山が可能となります。

緊急時や特別な場合を除き、アウターレイヤーの上にミドルレイヤーなど、順番を変えて着用することがないように注意してください。本来の機能を発揮できなくなります。

下半身のレイヤリング

下半身のウェアも上半身と同様にレイヤリングを考えることができます。

ベースレイヤーに該当するのが「タイツ」、ミドルレイヤーに該当するのが「パンツ」、アウターレイヤーに該当するのが「レインパンツかハードシェルパンツ」。

山行状況に合わせて、レイヤリングするようにしてください。