ガス・バーナー

このカートリッジに入っている燃料は、LPガス(液化石油ガス)です。ガスの種類として、「ノルマンブタン」、「イソブタン」、「プロパン」などがあります。

LPガスは、火力が強く、携帯型燃料としては申し分ないですが、低温下では使えないという弱点を持っています。液体から気体になるときに熱(気化熱)が必要となるためです。この弱点のため、冬季登山などで、敬遠されてきました。

一般的にガスが気化できる温度は、ブタンが0℃以上、イソブタンがマイナス10℃以上、プロパンがマイナス40℃以上といわれています。
そこで各メーカーは、寒冷地や高所でも使えるガスを使ったガスカートリッジをラインナップしています。ガスカートリッジには、使用時適正気温が書かれていますので、使用状況に応じて選んでください。

また、ガスカートリッジの特性として、バーナーを連続使用していると、気化熱によってカートリッジが冷却されて、気化しにくくなり、炎の勢いが弱まってくることがあります。この場合は、カートリッジを手で温めるなどすれば勢いは復活します。どんなに残量が少なくても、気温さえ高ければガス缶は最後まで使いきれるので、お忘れなく。

カートリッジとバーナー部を分離させた「分離型ストーブ」も増えています。分離型の最大のメリットは、重心が低く、大きな鍋でも安心して使えることです。多少重量はかさむが、3人以上のパーティならばこちらのほうが使いやすいと思います。また分離型は、防風のためにバーナーのまわりを囲んでしまってもカートリッジを過熱させる心配がないので、煮込みや鍋物などの長時間使用にも向いています。

ストーブとコッヘルを一体化した高効率ストーブが、ジェットボイルやプリムスなどから販売されています。

ガスカートリッジタイプの弱点である気化熱でカートリッジが冷やされて、火力が低減してしまう問題を解決した、カートリッジを倒立させて使う「液出し方式」があります。カートリッジを逆さまに取り付けて、LPガスを液体のまま燃料ホースに送り込み、それをバーナー直前のジェネレーターで気化・燃焼させるシステムです。こうすれば、カートリッジは冷えず、出力低下を起こさない。スノーピークが開発している。

オートイグナイターとは、点火装置のことです。これがないモデルは、ライター等で点火します。

一体式のガスストーブは、暴発の危険があるため風防で覆うことはできない。

メンテナンス

ガスストーブは構造がそれほど複雑ではないので、故障が起きにくい道具です。とはいうものの、自動点火装置を操作すると、スパークは飛ぶのだがガスに点火しないというトラブルは多いようです。この装置自体が故障することは少ないのだが、プラグや電極が汚れていたり、位置が悪いためにスパークの飛び方が不適切な場合に点火しにくくなることが多い。

プラグや電極が汚れている場合
細かい紙ヤスリや真ちゅうブラシなどを使って、きれいに磨いておこう。バーナーヘッドが電極を兼ねているタイプでは、その部分を磨いておく。

プラグと電極の間隔が適切でない場合
プラグと電極の間隔調整が必要です。自分で行うのであれば、プライヤーなどで電極を曲げればいいだけですが、かなり微妙な部分なので、慎重に作業をしてください。

なお、極端に気温が低い場合や空気の薄い高所では、ガス自体が点火しにくくなるので、スパークはちゃんと飛んでいるのに点火しないということが起きやすい。これは、仕方がないことなので、そんな場合にはマッチやライターに火で点火すること。

同じように電子ライターは点火しにくくなりやすいので、山にはフリント(着火石)式のライターのほうが山には適しています。

使用上の注意点

  • 他メーカーの器具・ガスを使用しないでください。
  • 必ずメーカー指定のガスカートリッジを使用してください。
  • ガスの再充填(詰め替え)は絶対にしないでください。
  • 取扱説明書をしっかりと読み、誤った使い方をしない。
  • 火を付けたまま持ち運びはしない。
  • 器具とカートリッジの接続を確認する。
  • ノズルの締まり具合を確認する。
  • 空のカートリッジは必ず穴を開ける。
  • カートリッジのバルブに傷をつけない。

※屋内、車内、テント内では使用しないでください。一酸化炭素中毒死や酸欠による窒息死の恐れがあります。

廃棄方法

ガスが残った状態での廃棄は爆発等の危険がありますので、容器は完全に使い切ってから穴を開けた後、各自治体の指示に従って廃棄してください。