登山用のレインウェアとは

レインウェアは、山行に持っていかなければならない重要な装備のひとつ。

なぜなら、雨天時に山に行かなくても、山の天候は変わりやすいもの。たとえ天気予報で降水確率が0%だったとしても雨が降る可能性があるからです。

以下で、『登山用のレインウェア』の必要性について、書いています。必ずレインウェアを装備に加えるようにしてくださいね。

登山用のレインウェアとは

「登山用のレインウェア」と「一般的な雨具」の最も大きな違いは、『防水透湿性素材』を使っている点。

なぜ登山用のレインウェアには、防水透湿性素材が使われているのか?

レインウェアにおいて必要な機能は2点あります。

  • 体を濡らさない
  • 体を冷やさない

雨にうたれて衣服を濡らすと、体温は急速に奪われます。最悪の場合、低体温症による行動不能に陥ることも。また気象遭難の原因の多くは、気温の低下ではなく、『濡れ』『風』。そのため濡れと風だけは、確実に防ぐレインウェアが必要になります。

上記の説明であれば、「一般的な雨具」でも問題ないように思うかもしれません。

でも『濡れ』は外側からだけでなく、内側からもやってきます。

無視できない「内側からの濡れ」

内側からの濡れ、それは運動による『』。

backpacker-sweat

荷物を担いで山中を上り下りする登山は発汗量が多く、蒸れが抜けない生地では内部に湿気がたまります。さらにレインウェア内で”逃げ場のない湿気”が外気との温度差によって結露となって体を濡らします。

ゴム引きのような雨具を着て動けば、外側からの雨は防げますが、汗でシャツは”びしょ濡れ”に。

風を防いでいる分、何もないよりはマシですが、蒸れによる不快感はそうとうなもので、とても山行を楽しむどころではありません。また不快で済むのなら我慢すればいいだけですが、行動を止めた途端に急激に体を冷やし『低体温症』の原因に。

そのためレインウェア内にたまる湿気を効率よく外に排出する機能が求められます。つまり『透湿性』が必要に。

しかしコンビニ等で販売されている安価な雨具では、機能の面で不十分。それは透湿性の面で大きな問題を抱えているからです。

レインウェアに必要とされる3大要素

そのために必要とされるの機能は、『防水・はっ水性』『防風性』だけでなく、『透湿性』も必要となります。防水・はっ水性は雨を防ぎ、透湿性は汗がレインウェア内でたまるのを防ぎます。

つまり、登山に使うレインウェアの条件は、「外側からの雨や風を防ぎ、内側からの湿気を外に逃がすもの」ということになります。

防水・はっ水性

外側からの濡れである「雨」を防ぐ。

透湿性

内側からの濡れである「汗」による湿気を外に逃がす。

防風性

「風速1mにつき約1℃下がる」といわれる体感温度の低下から身体を守る。

その問題を解決するレインウェアの素材が『防湿透過性素材』というわけです。

レインウェアの防水透湿性素材

防水透湿性素材には、「雨水は遮断するが、汗の蒸れは外に排出する」というの性質があります。代表的な防水透湿性素材として「ゴアテックス」がありますが、その他にも多数あります。

優れた素材ですが、高価であるため、レインウェアそのものの価格を上げる要因にも。

また登山用のレインウェアには、透湿性が追いつかない場合に蒸れを排出するため、ベンチレーター(通気口)が付いています。暑い時期にベンチレーターを開けると、内部の熱と蒸れが外に放出され、ウェア内は一気に涼しくなります。

レインウェアは高価でかつ出番が少ないので、購入を控える人もいるかもしれません。でも防寒着としても代用でき、アウター代わりとして使えます。そう考えると、決して高い買い物ではないですよ。

雨具の種類と特徴

レインスーツ

レインウェアの中心的な商品。レインジャケットとレインパンツのセットになります。状況に応じて、ジャケットだけ、パンツだけと選べる融通性があります。最近では、上下が別売りのものも増えています。

プルオーバー

頭からかぶって着るタイプのレインウェアです。ジャケットタイプよりも防水性が高いが、着脱は少々手間がかかります。

レインコート

レインジャケットの裾を長くしたロングタイプ。防水性は、ジャケットタイプよりも高いが、シルエットに余裕がないと足の動きを妨げてしまいます。腰元に余裕のあるものを購入してください。

ポンチョ

防水布の真ん中に、頭を出す穴とフードが付いたレインウェア。ザックを背負ったまま着用でき、また緊急時の簡易テントとして使えるものも多い。ただ、手が使いにくい、枝などに引っかかりやすい、風にあおられやすいなど、危険な点も多い。

ハードシェル

ハードシェルは、積雪期に着用するアウターウェアです。寒冷で強風の中、常に着用することが前提で作られているので、レインウェアとして機能します。でも、コンパクトにならず、重量もあるため、ザックにずっと入れておくわけにはいきません。なので、「積雪期のレインウェア」としての位置づけになります。

レインウェアの各部の名称と機能

フード

頭部にかぶり、雨や風を防ぎ箇所。最近の製品には視界を妨げないように、ヒサシ部分に張りをもたせたものが増えています。

ドローコード

フードやスソに付いた細いコード(ヒモ)のこと。防水性を高めるために、コードストッパーで締め具合を調整し、ウェアのスキマを減らすためのもの。

ポケット

ポケットは、腰の左右に付けられたものが多いですが、登山用のレインウェアの場合、ザックのハーネスと干渉しないように、胸元だけにあるタイプもあります。

カフ

腕の袖の部分のこと。袖は英語で「cuff(カフ)」。面ファスナーや伸縮性の高いゴムで手首の部分を引き絞り、外から雨水が流れ込むのを防ぎます。

フロントファスナー

最近では止水ファスナー採用が増えていますが、ファスナーにフラップをかぶせ、防水性をアップしたレインウェアもあります。

ベンチレーター

ベンチレーターとは、通気用の換気口のこと。通常、サイドにファスナーが取付けられています。ポケットの内側をメッシュにして、ベンチレーター代わりしたモデルも。

表地

レインウェアの表地は耐久性が高い丈夫な生地が使われています。さらに、内側にはゴアテックスなどの防水透湿素材がラミネートされています。

裏地

素肌に着ても肌に密着しないように、わずかに起毛させるなどの工夫があるものも。目立たない箇所ですが非常に重要な部分です。

サイドファスナー

レインパンツにはサイドファスナーがついており、登山靴を履いたままでも脱ぎ履きしやすいデザインに。