登山靴の手入れ方法

登山靴を長持ちさせたいなら、メンテナンスが重要。

履いては放置」の繰り返しが、靴の寿命を縮める原因になっています。また重い荷物を背負っての山行が多いと、その回数に比例して靴はヘタリ度合いを増していきます…

以下で、『登山靴の手入れ方法』をご紹介します。

ここで、ご紹介しているのは、あくまでも一般的な例です。まずは、登山靴に付属されている取扱説明書をよく読んでください。

登山靴のメンテナンス

登山靴のケアは、汚れを落とし、陰干しして乾燥させる。簡単にいえば、たったそれだけ。

そして登山靴のメンテナンスのポイントは、

  • 乾燥は日陰で行う
  • 皮革製登山靴の場合、極力水洗いを避ける
  • クリーナーは靴専用を使う

時間が無い場合でも、ほこりや泥を軽く落とし、古新聞を靴の中に入れて、陰干しをしましょう。

以下で『合成皮革、合成繊維製の登山靴』と『皮革(レザー)製の登山靴』に分けて、使用後ケアを説明します。

スポンサーリンク

合成皮革、合成繊維の登山靴の使用後ケア

トレイルランニングシューズなどの合成皮革、合成繊維の靴は、水洗いしてもOK!

登山で使用後は、インソールと靴ヒモを取り外し、靴用クリーナー(中性洗剤でも可)を使って水またはぬるま湯に浸しながら、ブラシでこすって汚れを落としてください。そして、よくすすいだあと、陰干しで乾燥。仕上げに撥水剤。

皮革製の登山靴の使用後ケアの手順

『皮革製の登山靴』の使用後ケアの手順は5つ。皮革製の登山靴は基本、水洗いがNG。なるべく濡らさずにケアするのがポイントです。

  1. インソールを取り出して、乾燥させる
  2. 靴ヒモを外して陰干し
  3. アッパーやソールの汚れをブラシで落とす
  4. 靴用クリーナーでさらにキレイに
  5. 材質の違いに注意して仕上げる
  6. 撥水スプレーをかける
高価な革製登山靴には、ちゃんとしたメンテナンス製品を使ってください。オススメのブランドは、『Collonil(コロニル)』と『M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)』。どちらも信頼できるシューメンテナンス製品を販売しています。

①インソールを取り出して、乾燥させる

汗を吸ったインソール(中敷き、フットベット)を入れたままだと、靴内に湿気がたまり、ニオイの原因にもなります。インソールを靴から取り出したら、滅菌・消臭のために乾燥させます。

汚れがひどいときは、中性洗剤を使って水洗いする。

②靴ヒモを外して陰干し

靴ヒモを外して、陰干しする。靴の中が湿っている場合は新聞紙や乾燥剤を入れて、靴内の湿気を取ってください。基本的にひどく汚れている部分だけ水洗いをします。

また靴ヒモも洗って洗っておきましょう。

天日干しやストーブなどの高温は登山靴の素材を劣化させるので厳禁!登山靴は陰干し。

スポンサーリンク

③アッパーやソールの汚れをブラシで落とす

靴が乾いたら、アッパー(靴の表面部分)は靴用ブラシで泥などを落とします。靴底はワイヤーブラシなどハードな素材のブラシで、泥や石を落とします。靴底の汚れがヒドいときは、靴底のみ水につけてブラッシング。

靴用ブラシ

ワイヤーブラシ

④靴用クリーナーを使う

靴専用クリーナーを全体にまんべんなく塗布して泡立てると、ブラシでは取れなかった汚れが浮き出てきます。泡は乾いた布などでキレイに拭き取り、あとは陰干しで自然乾燥。スエード&ヌバックレザーの場合、「スエード&ヌバック専用のクリーナー」を使ってください。

靴用皮革クリーナー


⇒詳細はコチラ

スエード&ヌバック用クリーナー


⇒詳細はコチラ

もし登山靴の中のニオイが気になるなら、靴内の抗菌消臭剤をスプレー。

⑤材質の違いに注意して仕上げをする

上記は、あくまでもクリーニング。革製品を長持ちさせるためには『仕上げ』が大切。

革の種類の違いで、アッパーの手入れは多少異なります。適切な仕上げ方法をおこなってください。

革靴は注意が必要!直射日光にあてると革が乾燥し、干からびて傷んでしまいます。なので、乾いたら保湿のために保湿クリームや保革油(靴用ワックス)を適度に塗っておきます。山行の度に繰り返すと革が長持ちしますよ。

【フルグレインレザーの場合】

grainleather
保湿のために保湿クリーム(ワックス)を乾いた布を使って、薄く塗ります。厚塗りは、革が柔らかくなりすぎるのでNG。

保湿クリーム


⇒詳細はコチラ

ヌバック&スエードのレザーの場合

nubak
油系のクリーム類は、ヌバック&スエード独特の風合いを損なう原因になるので、使用にはご注意を。

保湿成分が含まれた撥水剤を塗布するのがオススメ。

ナイロンレザーコンビ

combi
ナイロン&レザーのコンビモデルは、基本、保湿の必要はありません。

レザー箇所が気になるようなら、レザー箇所のみ皮革用の対策を。

撥水スプレーをかける

仕上げ剤が乾いたら、撥水スプレーを塗布してください。また撥水スプレーは風通しのいい場所または屋外で。

また、スエード&ヌバックの皮革の場合は、保湿成分入りの防水スプレーがオススメ。

撥水スプレーをかけたら、再度『陰干し』で乾燥させてください。

万能防水スプレー


⇒詳細はコチラ

保湿成分入り防水スプレー


⇒詳細はコチラ

高価な革製登山靴には、ちゃんとしたメンテナンス製品を使ってください。オススメのブランドは、『Collonil(コロニル)』と『M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)』。どちらも信頼できるシューメンテナンス製品を販売しています。
ページ先頭へ