登山靴のサイズの選び方

理想的な登山靴のサイズは、『つま先部に足指が動く余裕があり、足の甲から土踏まずにかけてほどよい圧迫感がある』といわれます。

登山靴は、実際に足を入れて、紐を締めて、坂道を歩いてみないと選べません。

両足とも履いて店内を歩き回り、つま先や甲、くるぶしなど、当たるところがないか、多少の時間を掛けてもしっかりと点検して選ぶことが大切です。店によってはスロープを用意しているところもあり、登り、下りの感触を確かめられます。

靴のサイズ選び方は、足長と足囲を調べることから始めてください。

登山靴のサイズ選びの際の注意事項

  • 実際に登山で使う靴下を履いてサイズを調べてください。山用の靴下は、分厚いのでサイズが変わってしまいます。
  • 人の足のサイズは、むくみにより朝夕で違うので、できれば夕方以降に店に行く。
  • サイズに関して妥協はしない。妥協は、山で苦痛として返ってくる。
スポンサーリンク

足長の調べ方

登山靴は街履きとは違い、爪先部分を保護するため、指先をピッタリにすることはない。たいていは指の伸び代を考えて、約1cmほどの隙間 を空けて選ぶ。

足長の調べ方は2つあります。

  1. 足を靴に入れて、かかと部分で指一本分の余裕があるものを選ぶ方法
  2. インソールを靴から引き出し、それをもとにサイズを調べる方法

一般的には、1の方法でサイズを判断しますが、私は2をオススメします。

通常、インソールの大きさは、靴の内部の大きさに一致します。なので、インソールを靴から引き出し、それに自分の足をカカトを合わせて乗せます。 そして、指先に1~1.5cm程の余裕があるかどうかを調べます。

この方法は、つま先の余裕を目視で判断できますので、より適正なサイズで調べることができます。

スポンサーリンク

足囲の調べ方

何足かを履けばわかると思いますが、メーカーによって、甲がきつかったり、親指や小指に圧迫感があったりします。

靴を選ぶ上では、実は足長よりも足囲のほうが重要です。足長は、どの靴メーカーにもサイズが多数あって選べるのですが、足囲に関しては、そうはいきません。実際に履いてみないと、自分の足に合う足囲のメーカーが何なのかが分かりません。

土踏まずから甲にかけてのフィット感、 靴が大きくて緩すぎる場合のチェック方法は、斜面を横歩きで登ってみることです。緩い場合は、足が靴の中で横滑りして、しっかり踏ん張れません。

違和感や痛みがある場合は、製品によっては器具を使用して広げたり、店で調整してくれるものもありますので、店員さんに相談してみることもオススメします。

人の足の千差万別。市販の靴が合わないのは、ある意味当然です。じっくりと自分の足にあった靴を選んでください。

足型

足型は、基本的に3つのタイプに分かれます。

ギリシャ型、エジプト型、スクエア型と名称がある。一般的に日本人はエジプト型が多く、欧米人はギリシャ型が多いといわれています。