ザックの背負い方

ザックを自分の身体にフィットさせる(フィティング)と、それだけでザックは見違えるように使いやすくなります。

ザックを体にフィットさせる重要ポイントは、次のとおり。

  • ヒップハーネスの固定から始める
  • ハーネスとストラップを適切に調節する
  • 背負い方の順番を守って調節する
スポンサーリンク

正しいフィッティングがザックを軽くする

登山用のザックは、背負いやすさを追求した「高機能ギア」といえます。

たとえば、ザックの重さが、肩だけに負担が集中しないように、腰のヒップベルトでも支える構造になっています。結果、ザックの重さが背中全体に分散するため、軽く感じます。

さらに、ザックと身体の一体感が増すように、ザックを身体側に引き寄せる工夫もされています。

zakkuteire

しかし、どんなに高機能なザックを購入しても、そのまま背負っていては本来の実力を発揮できません。ザック各部のハーネスとストラップを適切に調節し、自分の体に正しくフィットさせることで、初めて背負いやすいザックに変わります。

ザックのフィッティング方法をしっかりと身につけてください。

ザックを背負う手順

ザックは、腰のヒップベルトから調節し始めてください。

腰の位置が決まったら、それに合わせてショルダーベルトの長さを調節。さらにザックを身体側に引き寄せるためのベルト類を引っ張ります。

初めは重く感じていたザックが、手順を進めるに従って重さが腰や背中に分散し、徐々に軽く感じるようになるのがわかると思います。順番を守って調節することで、よりフィット感が増します。

少しでも違和感があれば再度調整し、ザックを身体に合わせてください。

スポンサーリンク

①すべてのハーネスやストラップを緩める

いったんすべてのハーネスやストラップを緩めてください。コンプレッションストラップを締めて、ザック内部の動きも最小にしましょう。

②ヒップハーネスを適切な位置で軽く留める

それから「ヒップベルト」のパッド中央が腰骨(ウエストではありません)の上にくる位置でヒップハーネスのバックルを留め、腰回りにフィットするようにベルトをしっかり締めてください。

まずザックの荷重を腰骨に乗せると、不思議とザックが軽くなりますよ。

③ショルダーハーネスのストラップを引く

肩から胸にかけて”すき間”が出ないように「ショルダーハーネスの下部にあるストラップ」を引いてください。荷重の大半はヒップベルトで受け止めるので、荷物の重さを強く感じるほど引かなくてもOK。

④トップスタビライザーのストラップを引く

トップスタビライザーのストラップ」を引き、ザックを身体に引き寄せます。このときに、一方の肩だけに荷重の負担がかからないように、左右のストラップをバランスよく同時に引くように注意します。

⑤ヒップベルトとザック本体をつなぐストラップを引く

ヒップベルトにザック本体をつなぐ「スタビライザー」が付いている場合は、ストラップを引き、さらにザックを身体に寄せていきます。このストラップを引くことで、歩行中のザックの横揺れも防ぐことが可能。

⑥チェストハーネスのバックルを留める

最後にチェストハーネスのバックルを留め、苦しくない程度に軽く引く。このハーネスの位置は、鎖骨よりも5cmほど下が適していますが、自分の身体に合わせて微調整してください。