ザック選びのポイント

いろんなメーカーから販売されている『ザック』。

背中の長さや肩幅、首の太さ、肩甲骨の出具合など体形は、人それぞれ違いますので、性能のいいザックの中から、自分の体に合ったザックを見つけなければなりません。

ザックの選び方』は、3点。

  • 用途に応じた容量
  • 背面長(背中のサイズ)
  • フィット感

以下で、『ザック選びのポイント』をご紹介します。

ザック選びのポイント

ポイントはたった、3点です。

  • 明確に用途を考え、必要となる容量を選ぶ
  • 背中のサイズに合ったものを選ぶ
  • ザックは必ず背負い、フィット感を確かめる

以上の点を意識してください。

用途に応じた「容量」を買おう

まずは、どんな登山やハイキングに使うのかをイメージしてみましょう。

たとえば

  • 日帰り登山
  • テント泊
  • 数日かける縦走
  • 小屋泊まり

など。

そして、その荷物が入る容量のザックを購入してください。

最後に購入する山道具が「ザック」

山道具をそろえる場合、最初にザックを購入する人が多いと思いますが、一番最後にしてみてはいかがですか。

中に入れる荷物の量が分からないのに、先に購入してしまうと、収納できなかったり、逆にスカスカだったりして後悔してしまうかもしれませんよ。

容量による使い分け

ザックにおいても、「大は小を兼ねる」という言葉がある程度当てはまります。でもストレスなく背負えるは、やはり収納スペースと荷物の量がマッチしたサイズ。大きすぎると内部で荷物が揺れ動き、小さすぎると荷物を積み込めないので困りもの…

【20L以下】

容量20L以下の小型ザックは温暖な時期の日帰り登山なら充分。思い荷物を入れずに済むので、ヒップハーネスは省かれていることも。

【20〜40L】

容量20〜40Lの小型〜中型ザックは小屋泊まりや日帰り向き。寒い時期の日帰り登山で、防寒着や調理器具まで収納でき、とても重宝します。

【40〜60L】

容量40〜60Lの中型ザックは、荷物が少なめのテント泊、荷物が多めの小屋泊まりなどに使い勝手がいい。各メーカーともモデルが豊富。

【60L以上】

容量60L以上の大型ザックは、テント泊向きで、数日かけての縦走にも対応する。食料を入れて20kg近くになった荷物も背負える。

「背面長」に合ったザックを選ぶ

背面長とは?

第七脊椎(アゴを引いて首を曲げたときに、いちばん突き出す骨)から腰骨の上端までの長さ。

ザックは、正しいサイズを選ぶ必要があります。コンプレッションストラップ(ザックを小さくできるパーツ)などの調整には限界があり、ハーネスがフィットしないザックは身体に無用な負担をかけてしまうからです。

特に大型〜中型ザックの多くには、2〜3種類のサイズが用意されています。このときに大き過ぎたり小さ過ぎたりするものを選んでしまうと、荷物の重さが背中で分散せずに疲労が蓄積されたり痛みが生じる原因に。

ザックのサイズ合わせのポイントは『背面長の長さ』。この長さが「ザックのサイズの基本」となります。

メジャーがあれば自分でも測れますが、正確に測定するためにも専門店に出向いて自分の背面長の長さを測ってもらいましょう。自分の身体に適したザックを選ぶことができれば、高いフィット感が得られ、不思議なことに荷物が軽く感じます。

ちなみに、サイズ展開がされていない場合でも、”ハーネス位置の変更”や”背面の長さの調節機能”などが取り入れられているモデルもあります。

ザックの購入前に必ず背負って、「フィット感」を確かめる

いちばん簡単で確実な方法は、ある程度の重量物を入れて、同じ重さで背負い比べてみることです。ショップには、荷物の代わりとなる重りが用意されていますので、店員さんに頼んで積めてもらいましょう。

そして片っ端から、重りを入れた状態で背負ってください。

山での動きを意識しながら、首、腕、体を動かし、すれや引っかかり、動きを妨げるものが無いかを確認してください。もしあれば、山行中にその部分が痛くなってくることがあります。

  • 首を回したり、前後左右に倒したりしてショルダー・ベルトが体にすれていないか?
  • 腕を振ってみて、脇がバックルやストラップにすれないか?
  • 体を前後左右に曲げてみて、どこか当たる部分はないか、体の動きを妨げる部分はないか?

そしてその重さでいくつかのザックを背負い比べ、いちばん軽く感じるザックがあなたに合ったザックということになります。ザックによって体感重量が変わりますので、しっかりとチェックした方がいいですよ。

自分の身体にあった「ザック」は、簡単には見つかりません。ほとんどの方が、何度か買い替える過程で、「自分にとって最高のザック」を探し当てます。

山行中にたえず背負う荷物だからこと、フィット感は大事にしたいですね。

ザックの各部のパーツのチェックしよう

まずザックのすべてのチャックを開けてみてください。そしてポケットの数・容量、ピッケルホルダー、内部の仕切り、背面パッド、各部ハーネスなどチェックします。

山行中を想像しながら、チェックしてくださいね。