登山用のザックとは

登山用のザックとは?

山行に必要な装備をまとめて収納するもの。山道具の中で最も重要な装備です。

ザックに求められる機能は、4つあります。

  • 必要なものが入る容量
  • ハードに使っても壊れない耐久性
  • 背負ったときの快適さ
  • 使い勝手の良さ

ザックの容量は、20L〜90Lぐらいまで各種ありますが、小さいと入り切らずに ザックの周囲に上着や用品をぶら下げて歩行することになるので、余裕あるサイズを選んでください。

余裕のあるサイズだと、荷物が少ないときは、ザック周囲のコンプレッションストラップを締めればコンパクトにもなります。

ザックにおいても、『大は小を兼ねる』。

でも大き過ぎると、内部で荷物が動き、重心がブレます。体にかかる負担は大きくなるので、注意が必要!

荷物の重さの目安

日帰りハイキング:5~8kg程度

山中泊(山小屋に一泊程度):12〜15kg程度(連泊やテント泊となればさらに増えます)

日帰りハイキングは30Lぐらいがオススメ♪

低山の日帰りハイキングだと、装備は”飲み物”と”食料”と”雨具”程度があれば十分なので、20リットル以下の一般的なリュックサックでも問題はありません。

でも、ザックを買うなら、30リットルぐらいのサイズがオススメ♪

30リットル前後の容量のザックだと、日帰りから山小屋泊まりのトレッキングまでオールラウンドに使えます。少し慣れてきたらクッカーとストーブを使ってランチを楽しむ、なんていう使い方にも対応できる大きさ。

また内部が二層になっているものは使い勝手がGood。下の層に軽いものを、上に重いものを入れると背負ったときにバランスがよく、パッキングが楽だし、取り出しやすい。

ザックの各部の名称と機能

zack-d

雨ぶた(リッド)

ザック本体のフタの役割を果たす部分。大型ポケットが付けられた重要な収納スペース。雨ぶたが取り外せるモデルもあります。取り外した後は、ウエストバッグに早変わり。

フロント・サイドポケット

フロントやサイドにある、荷物を小分けできる複数のポケット。ザックによって、その位置や場所はさまざま。パッキングにおいて重要な部分。

コンプレッションストラップ

ザックのサイドやボトム部分に付けられたストラップ。ザックを圧縮するために使うパーツ。荷物が少ないときはキツく絞り、ザック内部で荷物が揺れ動かないようにする。

トップスタビライザー

ショルダーハーネスとザック本体をつなぐ細いストラップ。これを引くことでザックが身体に近づき、安定感が向上する。フィッティングにおいて重要なパーツ。

ショルダーハーネス

ザックの背面から肩から脇へと周りザックを背中に固定するパーツ。荷重がかかるので、厚みがあるパッドなどのクッション材でできた「太目のもの」は、肩への負担が少ない。

チェストハーネス

左右のショルダーハーネスを結ぶ細いハーネス。ザックのフィット感をアップ。行動中にザックが横揺れするのを抑制する効果もあります。

ウエスト(ヒップ)ベルト

弾力性が高いパッドで腰回りを覆うことで、荷物の重さの大部分を身体の重心に近い腰骨の付近で受け止めるハーネス。大型ザックにおいて、特に重要なパーツ。

背面パッド(パネル)

クッション性の高い素材を配置し、背中へのフィット感を向上する大切な部分。荷物の重さを背中に分散させて身体を楽にします。

ザックの細部の構造

デイジーチェーン

deijic

デイジーチェーンとは、カラビナなどをブラ下げることができるループのこと。元々は、ロック・クライミングの荷揚げ袋に付けられていたパーツ。

縫い目の間に、カラビナや細引きをかけて、何でもぶら下げることが可能です。

使い方は、ループに「カラビナ」や「ロープ」をかけて、小物をぶら下げるほか、マットやウェアなどを取り付けることができます。

バンジー・コード

banji

バンジーコードとは、ザックのフロントなどに取付けられた伸縮性のあるコード(ひも)のこと。

脱いだ中間着や濡れた雨具などのウェア類を固定することに使えます。歩きながら、乾燥させることができて便利!でも、挟みこんだものの落下に注意。

ピッケルホルダー

ピッケルホルダーとは、ピッケルのヘッド部分をかけ、ザックにピッケルを固定するループのこと。

ハンドレスト

指をかけて一時的に手を休めるために付けられたループ状のストラップ。大半のザックは省略されている。

2気室

ザック内部に仕切りを作り、上下に2分割した構造のこと。上部は上からモノを入れ、下部はフロント側からモノを入れる。上下で荷物を入れ分けできるが、仕切りを外して使用することもできる。

ホイッスル

チェストハーネスにホイッスル(笛)が付いたものもあります。緊急時にはすぐに救援を呼べます。