登山の道迷い対処法

登山やハイキング中、もし道に迷ってしまったら、どうしますか?

同じような山の景色、様々な山道(登山道、けもの道、電力会社の保守点検用の道など)など、初めて登る山であれば、道迷いがあって当然です。

以下で、道迷いの対処法をご紹介します。

心を落ち着かせよう

まずは落ち着くことが大切!

不安な心理状態から抜け出すため、「道に迷った」と思ったら、落ち着くことが大切。行動食を食べたりしながら、一度、不安な心を静めましょう。

余裕を持って対応できるかどうかは、経験や携行品の準備とも関わってきます。今持っている装備や残っている食べ物には、何があるのかをしっかり確認してください

スポンサーリンク

道を引き返す

位置がわかる場所まで引き返す

道に迷ったと思ったら、位置が分かる場所や見覚えのある場所、標識のある地点に戻ってください。むやみに進めば、戻る距離も長くなります。

歩いてきた道を確認しながら、忠実に引き返します。引き返す際は、くれぐれも脇道に入らないようにし、自分の足跡を用心深く探りながら歩いてください。

そして、正規のルートだと自信を持てるところまで戻り、地図やコンパスで位置を確認してから再出発。

位置さえ分かれば進行方向も分かるし、不安であれば、引き返して、下山することも可能。

日頃から、歩いてきた道を頭に入れておくために、振り返るクセをつけておくと、引き返す際に、役立ちます。

谷や沢には向かわない!

格言『道に迷ったら谷に下るな』

遭難時に絶対に守りたいのが、谷や沢に向かわないこと。

下りは登りよりも体力的に楽であり、また”谷に向かうと早く下山できる”イメージも重なって、谷や沢を下ってしまいがちですが、それは大間違い。

沢には、がけや滝、ゴルジュなどの危険箇所が連続しています。

  • ゴルジュ

沢は、濡れた露岩が多くて、滑りやすい場所。さらに、岩場を下る行為は大変に危険で、岩登りの心得があってもさけてください。

尾根に向かえ

できる限り、尾根に向かって歩くようにした方が、下山の可能性はアップします。

なぜなら、尾根筋には登山道が多くみられるため、登山道を発見しやすく、さらに高い場所の方が見通しが良く、山域の全体像を把握しやすいからです。

  • 登山道が発見しやすい
  • 現在地を把握しやすい
スポンサーリンク

霧が出たら動かない

”視界の悪さ”や”湿度の上昇”は、死亡リスクを上げる

一方、霧で見通しがきかず、動けなくなったときは、濡れないように雨具を着込んで、その場で待機しているのが賢明。

意外と早く霧がはれるときもあるので、そのときに行動を見極めて進みます。

もし、晴れないときは、歩きまわらずにテントやツエルトなどを出して、ビバークすることをオススメします。視界がきかない状況の中、強引に進んで崖から転落しないとも限りません。

ビバークは早めの決断を

ビバークは明るいうちから始めないと危険

完全に道に迷った場合は、疲労をさけるために歩き回らずに、明るいうちにビバークの決断をしてください。

周囲が明るいと、”周囲の状況確認”や”適切な場所探し”など、気持ちに余裕を持って、ビバークすることができます。

ビバークの翌朝は、夜明けと同時に行動して、下山するか、無理な場合は救助を待つます。