登山中の熱中症とは?その原因と症状

熱中症とは、「体温上昇」と「血液中の塩分バランスのくずれ」により引き起こされる「身体適応障害」の総称。

以下で『登山中の熱中症とは?その原因と症状』についてご紹介します。

熱中症とは?

熱中症は、暑い環境において、人が本来もっている「体温調整機能」を超える熱が体内にコモってしまうことで起こります。その上さらに、発汗によって体内の電解質(塩分など)のバランスがくずれ、意識障害なども引き起こします。

熱中症は命の危険もかかわる非常に危険な疾患なので、登山中はたえず熱中症を意識してください。特に「熱中症の発生リスク」が高く、注意が必要なのは、『体温調節機能が未発達な幼児』や『調節機能が衰えている高齢者』。

熱中症が多く発生する時期は、まだ暑さに慣れていない6月〜7月。天候によっては冬山で起こることも。

スポンサーリンク

「熱中症」には、軽症な熱疾患熱ケイレン熱疲労と、重症な熱射病があり、重症度により「3分類」されます。Ⅰ度(軽症)には『熱疾患・熱ケイレン』、Ⅱ度(中等症)には『熱疲労』、Ⅲ度(重症)には『熱射病』。

分類 疾患名
Ⅰ度(軽症) 熱疾患・熱ケイレン
Ⅱ度(中等症) 熱疲労
Ⅲ度(重症) 熱射病

一般的に熱中症といえば、重症な状態である「熱射病」のことを指します。熱射病は、死亡するおそれがあり、注意が必要。

熱疾患・熱疲労とは

熱疾患とは、いわゆる「日射病」のことで、強い日差しで立ちくらみを起こし、失神した状態で、熱疲労とは、さらに症状が悪化し、熱さで脱水して気分が悪くなった状態。

熱疾患は、誰でも一度は経験したことがあると思います。

熱疾患・熱疲労は涼しい場所で横になり、水分をとれば治ることが多いです。

【脱水症状とは】

脱水症状とは、汗のかきすぎや水分摂取が足りないために、体内の水分が少なくなってしまう状態。足がつったり、脱力感などの症状が出ることがあります。脱水症状を甘くみるていると、けんたい感、疲労、あくび、めまいが起きて意識を失い、生命にかかわることも。

熱ケイレンとは

熱ケイレンは、大量に汗をかいて脱水し、塩分などの電解質が体内で不足し、手足や腹部の筋肉がケイレンを生じるものです。

たかがケイレンと放置すると、取り返しのつかないことになりかねませんので、この段階で適切な処置をすることが重要です。

熱ケイレンは、軽くマッサージし、水分とともに塩分を摂取することで症状が改善します。

スポンサーリンク

命にかかわる熱射病

熱射病とは、「熱疲労」の段階で適切な対処がされずに症状が悪化し、発汗による体温調節が追いつかず、常に高い体温を維持してしまう『重度の高体温疾患』のこと。

山登りに慣れていない人はかかりやすいため、登山初心者は特に注意してください。

症状として、体温が40℃以上になり、意識障害、全身ケイレン、筋肉のこわばりなどを起こします。

高熱から多臓器不全へ進行すると、約30%の人が死亡します。夏の時期に話題になる「熱中症」の多くは、この熱射病のことを指します。

熱中症の原因

熱中症の原因は、一般的に『高温多湿の環境』と『激しい運動』。

  • 高温多湿の環境
  • 激しい運動

この2つの条件が重なれば、熱中症を引き起こしやすくなります。

登山は、蒸し暑い状態で大量の汗をかくため、この2つの条件を満たし、熱中症を引き起こしやすいといわれます。

熱中症の症状のまとめ

熱中症の症状は、『熱失神・熱ケイレン→熱疲労→熱射病』と悪化する過程で、症状が付加されていきます。

付加されていく症状を下記の表のようになります。重症である熱射病になる前に、気づくことが大切。軽症の段階での早期発見と処置が重要です。

症状
熱失神 めまい、頭痛、吐き気
熱ケイレン 手足や腹部の筋肉がケイレン
熱疲労 重度のめまい、頭痛、吐き気
熱射病 体温が40℃以上、意識障害、全身ケイレン、筋肉のこわばり