マムシの生態

は、ハチに次いで山で出会いやすい危険な生物です。ちなみに、日本に棲む”すべての蛇”に毒があるわけではなく、日本に生息する毒蛇は、『マムシ』と『ハブ』、そして『ヤマカガシ』の3種。

mamushi

以下で、『マムシの生態』を書いています。

スポンサーリンク

マムシについて

日本に出没する毒蛇の代表が『マムシ』です。

マムシの特徴は、次のとおり。

マムシの特徴
  • 身体が太短い(全長45-80cmと短く、胴が太い)
  • 頭が三角形
  • 体色が淡褐色で、俗に「銭型とも呼ばれる楕円形の斑紋」がはっきりと入っている

生息場所

マムシは、平地から山地の森林草むら湿地帯に生息しています。特に大好物のカエルが多く生息する、水場周辺に多く出没し、山間部の小さな川周辺は、要注意!

食性

食性は、肉食性で、小型哺乳類(ネズミなど)、小型爬虫類、両生類(カエルなど)等を食べる。

習性

mamu

性格は、臆病で、よほど接近しすぎない限りは、マムシの方から人を攻撃することはありません。

また、他の蛇と同様に、危険を感じると尾を寝かせた状態で細かく振るわせ、地面などを叩いて音を出して威嚇します。

登山道でマムシに出会って、威嚇を受けても、それ以上近寄らずに無視して遠巻きに通り過ぎれば、ほとんど害はありません。

毒性

ニホンマムシの毒は、出血毒が主成分で、神経毒も含まれます。

マムシにかまれると死亡する!」というイメージがありますが、実際は違い、年間約3,000人が被害を受け、死者は5 – 10名程度で、死亡率は高くありません

死亡率が低い理由は

  • 小型であるため毒液量が少ないこと
  • 基本的に出血毒であり神経毒が少ないこと
  • 効果が局所的に留まり身体全体を冒さないこと

でも、死亡の可能性があるため、充分な注意が必要です!

スポンサーリンク

頭が三角形のヘビは、毒蛇!?

頭が三角形のヘビは毒蛇」といわれます。確かに『ハブ』や『マムシ』は、頭が三角形のような形。しかし、日本に生息する毒蛇の『ヤマカガシ』は、頭は三角形ではありません!

注意すべきは、ヤマカガシ。ヤマカガシは、頭が三角ではないので、「赤みがある体側面」など模様で判断してください。

でも、日本においては、「頭が三角のヘビは毒蛇」という認識で問題ないと思います。

そして、山で蛇に出会って、瞬時に蛇の種類を判別するのは難しいので、「蛇を見かけたら近づかない」を原則に!

ヤマカガシの特徴

yamaka2ヤマカガシは、『全長60 – 120cm、頭胴長は55 – 120cm』。体色は、基本『身体の上半分ほどの体側面に、赤みを帯びた蛇腹模様』で比較的目立ちます。

でも地域変異があり、関西地方では『体側面の斑紋が不明瞭』。近畿地方西部から中国地方では『青色型』もみられます。