スズメバチの生態

bee

山で最も出現率が高く、危険な生き物、それがスズメバチ

実際、「熊」や「マムシ」よりも被害者・死亡者が多いのがスズメバチです。

人を刺すハチには、スズメバチ、クマバチ、アシナガバチ、ミツバチなどがいますが、中でもスズメバチは、攻撃性が強く、猛毒を持つので注意が必要!

以下で、『スズメバチ』をご紹介します。

スズメバチとは?

スズメバチは、ハチの中でも比較的大型の種類が多く、攻撃性が高く危険な昆虫。また、強力な毒を持つスズメバチですが、毒針があるのは、メスだけです。

大きさ(全長)は、種類によって異なりますが、平均して20mmほどの大きさ。大型のオオスズメバチで27〜40mm、小型のクロスズメバチで10〜18mm

スズメバチの生態

スズメバチは、1匹の女王蜂を中心とした社会性をもった昆虫です。

スズメバチは、凶暴かつ好戦的で積極的に刺してくることで知られていますが、これは巣を守るためで、何もせずに襲ってくることはありません。人間を襲うのは、巣の近くにいるためです。

種類

スズメバチは、スズメバチ亜科の総称です。

主なスズメバチの種類は、以下のようなもの。

  • オオスズメバチ
  • ヒメスズメバチ
  • キイロスズメバチ
  • コガタスズメバチ
  • モンスズメバチ
  • クロスズメバチ

生息場所

suzumebachi1

スズメバチは、平地から標高の低い山地に、巣を作り生息しています。木の枝だけでなく、「土の中」や「樹洞」などにも巣を作ることがあります。

うっかり、山道のやぶの中で、踏みつけると大変なことになります。

活動時期

スズメバチは、女王蜂が冬眠から目覚める「春」から、新女王蜂が誕生する「秋口」にかけて、活動します。

なお、働き蜂は、7月頃から羽化を始め、9月〜10月にかけて集団の個体数が最大になり、巣がもっとも発達します。

suzumebachi

 成虫のエサ 

スズメバチのエサは、花蜜・樹液・果実などを思い浮かべる人が多いと思いますが、主なエサは、終齢幼虫の唾液腺から分泌される「栄養液」。この液には糖分とタンパク質が含まれています。

この栄養液の不足分や終齢幼虫がまだ育っていない時期に、糖質を多く含む花蜜&樹液などをエサにします。たとえば、クヌギ、コナラなどの樹液、イチヂクなどの熟した果実など。

エサが不足すると、幼虫を臨時の食糧とすることも。

 幼虫のエサ 

スズメバチの幼虫は、種による違いはありますが、成虫が他の昆虫類などを肉団子にしたものを食べます

またオオスズメバチなどの一部のスズメバチは、ミツバチの巣を襲います。このことが、養蜂家を苦しめたり、ミツバチ減少による受粉不足を発生させ、生態系を乱しています。

天敵

スズメバチの天敵は、いろいろと存在します。

捕食される天敵では、人間の他に野鳥(ハチクマなど)、ニワトリやクマが挙げられる。また、昆虫では、オオカマキリ、大型のトンボ、クモなどがいますが、これらの昆虫との関係では、捕食または被食の双方立場になります。

非捕食関係だと、エサ場(木の樹液など)などで争う、大型の甲虫(カブトムシ、クワガタムシ、カミキリムシ等)、オオムラサキなどがいます。