登山の水分補給の計算方法

登山の必需品「飲み物」。運動や暑さで奪われる「水分の補給」は、必須です。あなたは登山にどのくらいの「飲み物」を持って行きますか?

以下で『登山の水分補給の計算方法』をご紹介します。山に持っていく水分量の参考にしてください。

水分補給は大切

私たち、人の体の60〜70%は、『水分』でできています。

汗などにより体重の3%の水分が失われると脱水症や熱中症の症状が現われるといわれています。このため、登山中は脱水による体重減少を2%以下に抑えなければなりません。

スポンサーリンク

補給量の目安は脱水量

理想的な水分の補給量は、脱水量を目安に同程度を摂取すればよいとされています。

補給すべき水分量=失われた脱水量

でも、登山に体重計を持っていくことはできないので、私たちはノドの渇きや尿量、尿の色などを目安に水分を摂取する必要があります。

水分減少による脱水症状

私たちがノドの渇きを感じたときには、すでに3%近い体重減少があるといわれていますので、ノドの渇きを感じる前から、こまめに水分補給をしましょう。

以下の表は、水分減少率とその主な脱水症状です。脱水症状から現在の水分減少率を推測できます。

水分減少率と脱水症状
水分減少率 脱水症状
3% ノドの渇き、食欲不振
4% 皮膚の紅潮、疲労こんぱい
5% 頭痛、熱にうだる感じ
6〜7% めまい、呼吸困難

※水分減少率とは、体重に占める水分の割合の減少

尿による脱水量チェック

尿の状態によって、体内の水分量はある程度わかります。

そして尿量がいつもよりも少なかったり、色が濃かったりする場合は、水分が足りていないと考えられます。

排尿時には、しっかりとチェックし現在の状態を確認するようにしてください。

スポンサーリンク

登山の行動中の脱水量

登山における行動中の一般的な脱水量は、体重1kgあたり1時間ごとに5㎖の水分を失います。計算式で表すと以下のようになります。

行動中の脱水量の計算式

行動中の脱水量(㎖)=体重(kg)×行動時間(h)×5(㎖)

たとえば、体重60kgの人が7時間登山をした場合は、「60(kg)×7(h)×5(㎖)=2100㎖=2.1リットル」となります

上述のとおり、山行中に補給が必要な水分量は、『脱水量』となっています。そして、その脱水量は、体重と山行時間によって変わります。つまり、人や山によって、必要とされる水分量は変わるということ。

無計画に決まりきった量を山に持っていくのではなく、自分の体重と山行時間を考えて、山に持っていく水分量を決定してください。

計算式の山行時間には、予定山行時間ではなく、数時間の余裕をもたせた時間で計算してください。山登りは計画通りにはいかない!
ページ先頭へ