新田次郎とは

山岳小説の巨匠「新田次郎(にったじろう)」。大人ファンタジーの”浅田次郎”ではありません。

以下で『新田次郎』についてご紹介します。

新田次郎とは

本名・藤原寛人。1912年6月6日生まれ、長野県出身。1980年2月15日に享年67歳で永眠。

【新田次郎のペンネームの由来は?】

ペンネームの由来は、長野県諏訪郡上諏訪町角間新田(しんでん)生まれの次男だったことから。

妻・藤原ていも作家で、『流れる星は生きている』でベストセラー。息子で数学者の藤原正彦は『国家の品格』の著者としても有名です。

年号 経歴
1912 長野県諏訪郡上諏訪町(現・諏訪市)に生まれる
1932 中央気象台(現・気象庁)に就職し、5年間、富士山測候所で交代勤務
1951 「強力伝」が「サンデー毎日」の懸賞小説に入賞
1956 「強力伝」で直木賞受賞
1963 気象庁測器課長として富士山レーダー建設を推進
1964 『山と溪谷』で、「孤高の人」の連載開始
1966 気象庁を退職
1980 逝去。享年67歳

新田次郎は「山岳小説」だけではない

山岳小説のイメージが強い新田次郎先生ですが、時代小説、科学小説、SFや海洋ものなど幅広いジャンルを手がけています。

1988年に放送されたNHK大河ドラマ『武田信玄』など、いろんな作品を残されています。

新田次郎は短編小説が多い

新田次郎先生は、1966年に気象庁を退職されるまで、文筆専業ではないため、短編小説を多く執筆されています。

そのため、本が苦手な人でも気兼ねなく読めますよ。

新田次郎といえば「モデル小説」

新田次郎先生は、山岳小説において、実在する登山家や実際の遭難事件などを内容にしたモデル小説を多く執筆したことで有名です。

そのモデルを以下でまとめてみました。

モデルにした人物や事件

作品 ジャンル モデル
孤高の人 登山家 加藤文太郎 ⇒詳細はコチラ
富士に死す 宗教登山 伊藤伊兵衛 ⇒詳細はコチラ
槍ヶ岳開山 宗教登山 播隆上人 ⇒詳細はコチラ
芙蓉の人 山に関わる仕事 野中到・千代子夫婦 ⇒詳細はコチラ
八甲田山死の彷徨 遭難 日本陸軍 ⇒詳細はコチラ
剱岳〈点の記〉 山に関わる仕事 陸軍陸地測量部 ⇒詳細はコチラ
 聖職の碑 遭難 長野県箕和高等小学校 ⇒詳細はコチラ
強力伝 山に関わる仕事 小宮正作 ⇒詳細はコチラ
風雪の北鎌尾根 遭難 松濤 明 ⇒詳細はコチラ
神々の岩壁 登山家 南 博人 ⇒詳細はコチラ
富士山頂 山に関わる仕事 新田次郎本人 ⇒詳細はコチラ
栄光の岩壁 登山家 芳野満彦 ⇒詳細はコチラ
銀嶺の人 登山家 今井通子 ⇒詳細はコチラ
アイガー北壁 登山家 高田光政 ⇒詳細はコチラ

新田次郎の映画化された作品

【山が登場する作品】

【山と関わりがない作品】

ページ先頭へ