登山の機能性タイツ

機能性タイツは、一般的な保温タイプのタイツと似ていますが、それだけではないプラスアルファの機能を持ったものを指します。

腰痛予防や筋疲労軽減など、下半身のパフォーマンスをサポートする機能性タイツ。サポート力は千差万別。用途やフィーリングに合ったもので、山行をより快適にしよう!

スポンサーリンク

【基礎知識1】種類の違い

「サポートタイプ」と「リカバリータイプ」がある

機能性タイツは、「サポートタイプ」と「リカバリータイプ」の2タイプがあります。

大別すると、”テーピング機能をタイツに組み込んだ、ケガを防ぐサポートタイプ”と、”足先から段階的に着圧を変え、血流を促すリカバリータイプ”がある。前者はヒザや腰に不安のある人に向く。後者は、疲労軽減や回復力アップを図りたい人に向く。


サポート
タイプ
生地の特性やパターン、伸縮性の違いを利用し、膝や腰、ふくらはぎなど、故障の多い箇所または不安のある箇所を加圧してサポート。

余計なブレをなくして安定させることで、ケガを防ぎ故障箇所を補助してくれるテーピングの機能をもたせたタイプ。

積極的に関節や靭帯をサポートしたい人に適している。

リカバリータイプ 足先から腰へと段階的に着圧を変え、加圧力が段階的にゆるくなる設計。血流促進や筋肉のブレ防止などの効果で、肉体疲労の軽減、体をよりよいコンディションに導くタイプ。

それにより運動パフォーマンスを向上させ、疲労をためにくくする。

機能性タイツは、基本、直接履ける仕様になっています。下着を履いてもその機能を損なうことはありませんが、下着を着ける場合は、できるだけ薄いものを選らんでください。

【基礎知識2】正しい使用方法

正しい着用!ポイントはヒザの注意

1

機能性タイツは正しく着用しないと、期待した効果を発揮できません。ポイントはヒザの位置。ヒザの位置がずれていると、ヒザを痛めるなど逆効果になる場合があるので注意が必要!生地がスレたり、ネジれたりしないように丁寧に足を通し、ヒザがタイツの所定の場所に収まるように調整しよう♪


収まるべき位置にヒザがはさまると、動きはスムーズ。タイツ本来の効果が発揮。山行中も、定期的にズレていないかチェックするようにしてください。

スポンサーリンク

【基礎知識3】使用時の注意

他のアイテムとの併用はNG

1
機能性タイツは、細心の設計で作られています。そのため、画像にあるように”ヒザ用サポーター”など、着圧を変えるようなアイテムと併用すると、効果が得られないばかりか、間違った圧力がかかり危険が伴うので避けましょう!

他の機能系ウェアやサポーターなどとの併用は、着圧が変わったり、正しくテーピング機能が発揮できないなど、危険が伴うのでNG

その他の注意事項

薄いストレッチ素材を使用しているものが多いので、着脱の際や、鋭い岩や枝による穴あきにも注意しよう!