登山中のケガの応急処置〜RICES療法

登山中に不注意から負ってしまう「ケガ」。その処置法は、基本的には同じです。

以下で『登山中のケガの応急処置〜RICES療法』をご紹介します。

ケガの応急処置「RICES療法」

ケガをしたときの応急処置にどのケガでも基本同じで、RICES療法という応急処置法をおこないます。ライス(お米)と覚えてください。

RICES療法とは、まずケガ人を安静(rest)にして、氷や水で濡らしたタオルなどで冷やし(icing)、ハレを予防するためにテープや包帯を巻いて圧迫(compresssion)し、打撲部を(elevation)挙上しするというもの。そして最後に固定のS(stability)を入ります。

とくに骨・関節・筋肉のケガの応急処置として重要で、痛みやハレがヒドくなることを防ぎます。

具体的な対処
R(rest) できるだけ体を動かさず安静にする。骨折や重度の捻挫の場合には、患部を木などで応急固定する
I(icing) 患部を冷やして痛みを軽くし、炎症を抑える
C(compression) 患部を伸縮包帯などで圧迫することで出血と腫れを防ぐ
E(elevation) ケガの箇所を心臓よりも高くすることで、内出血を防ぎ、痛みを軽減する
S(stability) 患部をテーピングや包帯などで固定し、余計な力がかからないようにする

登山中は、いつまでも横になって安静にしてもいられないので、臨機応変さが必要ですが、このRICES療法を知っていれば基本的な対応ができます。

ケガをすれば、RICES療法を思い出すようにしてください。

またケガをしているときは、飲酒も控えてください。出血などをともなっている場合は、再出血の可能性も。

具体的な対応は、別のページでご紹介しています。

⇒すり傷・切り傷のケガ対策はコチラ

⇒ねんざ・打撲・骨折・脱臼のケガ対策はコチラ