登山用テントの手入れ

テント泊山行中にお世話になった「テント」。長く使い続けたいなら、しっかりとメンテナンスをしてください。

以下で『登山用テントの手入れ』をご紹介します。

登山用テントのメンテナンス

テントのメンテナンスのポイントは、次のようなものです。

  • しっかりとテントを乾燥させる
  • 汚れをふきとる
  • ポールやペグもキレイに
  • テント内部にものを残さない
  • ファスナーをチェック

手を抜かず、キレイにしてください。カビやニオイが発生してしまいます。

スポンサーリンク

設営した状態で乾燥させる

湿ったテントを風通しのいい場所で陰干しして、自然乾燥させてください。その際、設営した状態で干すこと。また、裏返しにしてフロアの乾燥も。

天気がいい日なら、天日干しもOK!1時間ほどでテントが乾燥します。

この乾燥作業は、手を抜かないことが重要です。

ここで手を抜くと、次の山行では、黒い点々でおおわれた恐怖の「カビ御殿」になっているかも。そのうえ、テント生地に生じたカビは、繊維内に深く食い込む種類があって、洗っても二度と落ちないしつこいものもあります。

そうならないために、テントの乾燥には努力を惜しまないことです

物干し竿などに垂らして干すと、生地が縮んでポールが入らなくなることも。また乾燥作業の際は、風で飛んだり、布地が地面に擦れないように注意してください。

テント生地の汚れを拭き取る

テント生地の軽い泥汚れなら、乾燥後に叩けば落ちます。でも、もし落ちないなら、ぬるま湯に浸けてよくしぼったタオルやスポンジでこすって落としてください。

洗剤は、生地が変色する可能性があるため、極力使わないでください。

ポールやペグもキレイに

キレイにしなければならないのは、テント本体だけではありません。ポールやペグも泥で汚れます。これらもキレイにしてください。

ポールは濡れタオルでふいた後に乾燥。ペグは水洗いで泥などをしっかり落として、乾燥させてください。

スポンサーリンク

テント内部のゴミを残らず出す

テント内にゴミや小物を入れたままでたたんでしまうと、ニオイや汚れ、テント生地を傷める原因に。テントをたたむ前に忘れ物がないかを確認し、細かいゴミはテントを逆さにして残らず出します。

テントを逆さにするとき、要注意。強風にあおられたり、ポールに無理な力がかかったり、テントが何かにぶつからないように。

ファスナーの滑りをスムーズにする

テントのファスナーは、破損しやすい箇所。ファスナーのレールに泥や砂がついているとスライダーが摩耗し、正しく開閉できなくなってしまいます。

付着した泥や砂を歯ブラシなどで優しく落とし、仕上げにファスナー用潤滑剤を塗ることで摩耗を防げます。

山行中にできるテントのケア

山の中でもテントのケアはできます。

もし朝の出発前に時間があれば、テント本体やフライシートをしっかり干して、テント内の砂やゴミを出してから撤収しよう。その際は、裏返しにしてフロアもしっかりと乾燥。

そうしておけば、家に帰ってからのケアが楽になりますよ♪