登山用ストーブの保管方法

登山用ストーブの保管方法のポイントは、2点。

  • ホコリ対策
  • サビ

燃料の吹き出る穴にホコリがたまらないようにしてください。

スポンサーリンク

ホコリがたまらないように

ストーブ本体をそのままムキ出しで保管すると、ホコリがストーブの上にたまってしまいます。燃料が吹き出るニードルの穴や炎が出るヘッド部分にホコリがたまって付着してしまうとトラブルの原因に。

ホコリからストーブを守るために、ストーブは収納袋(スタッフバッグ)に入れて保管してください。

またガスカートリッジの接続部はサビることがあります。購入時に取付けられているキャップは捨てずに保管し、使わないときはキャップを取付けるようにしてください。

  • 収納袋(スタッフバッグ)に入れて保管する
  • ガスカートリッジはキャップをして保管する

サビに注意

ストーブの悩みの一つが『サビ』。スチール製品の弱点は、このストーブにも当てはまります。

ストーブを清掃後、水気をしっかりと取り、直射日光の当たらない日陰で乾燥。そして、湿度が高くない場所に保管するようにしてください。

久しぶりに出してみたら、サビていたなんて悲しすぎますよ。

スポンサーリンク