登山用レインウェアの保管方法

登山用レインウェアの保管方法のポイントは、折りたたまないこと。

以下で、レインウェアの保管方法をご紹介します。

折りたたんで保管してはダメ

レインウェアを折りたたんで、タンスに保管するのは止めてください。

登山用レインウェアの生地には、ゴアテックスなどの防水撥水加工が施されています。折り目がついてしまうとそこから生地が傷んでしまいます。

スポンサーリンク

理想はハンガー保管

レインウェアの理想的な保管方法は、ハンガーにかけて常に広げておくこと。

こうすることで、折り目や変なクセが付きにくくなります。

レインウェアは、「生地が命」。

折りたたんで保管する場合は

仕方なく、レインウェアを折りたたんで保管する場合は、できるかぎり折り目がつかないように”ふんわり”と保管するようにしてください。

コンパクトに収納すると、レインウェアの生地に悪影響を与えかねません。特に長期間保管する場合は、要注意。

絶対に止めてほしいのが、ザックの収納用に付属されている「スタッフバッグ」に入れて保管すること

また、ホコリが気になる場合は、大きめのメッシュ袋に入れておきましょう。