コッヘル(クッカー)の手入れ

登山中に調理をするうえで、大活躍するのがコッヘル(クッカー)。

使ったあとは、手入れが重要!

以下で、『コッヘル(クッカー)の手入れ』をご紹介します。

【注意事項!】

ここで、ご紹介しているのは、あくまでも一般的な例です。まずは、コッヘル(クッカー)に付いている取扱説明書をよく読んでください。

スポンサーリンク

コッヘル(クッカー)の使用後ケア

コッヘルでお湯を沸かしたり、調理にする際に注意しなければならないのが『焦げ(こげ)』。火加減が強過ぎたり、水の量が少ない場合などに発生します。

焦げを防止するには、次の2点は大切。

  • 弱火で調理する
  • 空焚きに注意する

軽量に作られている登山用のコッヘルは、金属を極限まで薄くしています。この薄さによって、家庭用の鍋に比べると熱の伝わりが思ったよりも早く高温に達してしまいます。弱火で調理し、空焚きに注意することを心がければ、食材の焦げつきなどの汚れの原因を防げます。

注意をしていても焦げは付いてしまうもの。付いてしまった焦げは、お湯で浮かしましょう。

こびりついた焦げは湯を沸かして浮かす

万が一、山で食材を焦がしてしまったり、汚れがこびりついていた場合は、中に水を入れて火をかけ、「焦げ」をお湯につけると柔らかくなり、汚れが落ちやすくなります。

外側についた焦げも湯で柔らかくして取るようにしてください。最近のコッヘルは焦げつきを抑えるためにコーティングが施されているものが多いので、金属タワシでこするのは厳禁です。

【注意!】

何も入っていない状態(水が蒸発した場合も含む)で火にかける「空焚き」をしてしまうと、内側に塗られたコーティング自体がはがれ、その機能を失ってしまいます。さらにコッヘルも変形してしまうので気をつけてください。

スポンサーリンク

帰宅後、すぐに家庭用洗剤で洗う

汚れは、放置せずなるべく早く取るのがポイント。

もし野外の山中で、汚れを取ることができなくても、帰宅後すぐに家庭用洗剤で洗うようにしてください。洗剤は一般的な家庭用洗剤で大丈夫ですが、クレンザーなどの研磨剤が入ったものは避けてください。

またこの際も、コーティングを保護するために柔らかめのスポンジを使い、金属タワシは厳禁です。

汚れを放っておくと、そこに水分が集まり、サビの原因になってしまいます。サビにくい素材であっても、同様です。なるべく早く汚れを取り去ってください。

収納用スタッフバッグも洗う

コッヘル(クッカー)をキレイに洗っていても、忘れがちなのがスタッフバッグの洗濯。コッヘルを収納するスタッフバッグも汚れが付着し不衛生になりがち。なるべくこまめに洗うようにしてください。

コッヘルがひどくへこんでしまったら

コッヘル(クッカー)は誤って踏んだり、無理なパッキング(ザックに詰め込むこと)で曲がったり、凹んだりすることもあります。ですが、コッヘルの一番のゆがみ原因は「空焚き」。

一度曲がってしまうと修理が難しいことも多いので注意してください。

炒め料理を作るときは要注意

いくら空焚きを注意していても、見落としがちなのが炒め物。コッヘルで食材を炒めるときに、食材が接していない部分が空焚き状態になります。

気づかないうちに凹まさないように、炒め料理を作るときは特に注意してください。