ザックの保管方法

ザックの保管で意識すべきことは、次の3つ。

  • 紫外線による生地の痛み
  • 湿気による加水分解とカビ
  • 型崩れ

ザックが完全に乾燥したら、ストラップ類を軽く締めて、風通しのよく、直射日光が当たらない場所に保管してください。

紫外線と湿気は、ザックをダメにします。

特に湿気は、ザック内部のコーティングを化学変化(加水分解)させ、ベトベトにさせたり、コーティング剤をボロボロにさせます。

また、保管時にストラップ類をきつく締めすぎると、ショルダーハーネスやチェストハーネスに入っている”パッド(クッション材)”に負担がかかってしまいます。ストラップ類は、緩めておきましょう

私は、ザックの型崩かたくずれを防止するために、滑り止めが付いた”ハンガー”に吊るして保管しています。オススメです。