登山靴の使用前の点検チェック

登山靴の使用前の点検チェックは、重要です。

山に向かう前に、必ずチェックしてください。

登山靴を履く前に状態チェックをしよう

山歩きに向かう前に、以下の点を必ずチェック。

  • ソール(靴底)
  • アッパー(靴の表面部分)&内側の生地、留め具
スポンサーリンク

ソール(靴底)

ソールのチェックは、「ソール剥(は)がれ」と「靴底の摩耗」の2点。

ソール剥がれ

ソール剥がれが少しでも見つかったら、絶対に履かないようにしましょう。「大丈夫だろう」と安易に考えて、山に行くと、山中で地獄を見ますよ…僕は2度あります。

ソール剥がれは、ポリウレタン製ミッドソールに多いが、どの素材でも起こる可能性はあります。※最近ではミッドソールにEVA樹脂を使うものが多い

劣化の原因は、湿気などの水分により加水分解、気温の変化や土壌に含まれる微生物の付着などです。現在、販売されているモデルは、その対策が施されています。

ソールの寿命は3~5年程度が目安に。

靴底の摩耗

靴底の摩耗がひどくなると、グリップ力が定価し、スリップしやすくなり危険。モデルによってはソールごと貼り替えることもできます。

靴底のブロックパターンの角が丸まると滑りやすくなるので、交換の目安になります。ビブラムソールの場合、マークの文字まで摩耗してきたら、ソールの寿命は近い。

アッパー&内側の生地、留め具

アッパー&内側の生地は、縫い糸が切れかかっていたりヘタってくると、登山靴内に水が浸透する原因に。

また、留め具も要チェックポイント。

登山靴のモデルや状態によって、補修の可否が変わります。まずは、購入店に相談を。