ザックの雨対策

山の天候は変わりやすいもの。急に降り出す雨に苦労しますよね。

『ザックの雨対策』のキーワードは、3点。

以下で、『ザックの雨対策』をご紹介します。

スポンサーリンク

ザックの雨対策

一般的なザックの防水対策は、ザックカバー(パックカバー)の利用です。あらかじめザックに付属されているモデルもあります。


⇒この『ザックカバー』の詳細はコチラ

でもザックカバーでは、身体に接する背面は覆うことができずに濡れてしまい、雨の中を行動し続ければ、ザック内に浸水してしまいます。また、悪天候時に強い風を受けて飛ばされる心配もあります。

雨天時に役立つ「ザックカバー」ですが、背中部分から雨が入ることがあるので防水としては完全ではありません

そこでオススメなのが、ザック内部に入れる「パックライナー」「ドライサック」も併用し内部からも防水する方法です。この方法だとザックが濡れても中は安全。

重要なものを防水性スタッフバッグに入れるか、パックライナーで荷物全体を完全に雨から遮断すると、より確実に防水ができます。

パックライナー

パックライナーとは、ザック内側から荷物全体を丸ごと防水する「大型インナーバッグ(大型防水袋)」のこと。ザック内を2重にすることで、収納された山道具を雨などの侵入から守ります。


⇒この『パックライナー』の詳細はコチラ

ザックは濡れるものと割り切って、パックライナーを使って、荷物だけを防水する人が増えています。

購入の際は、ジャストサイズではなく、ザックよりも大きいサイズを選んでください。ザック内ではどうしても生地が引きつるので、大きいサイズを選ばないとパッキングしづらくなります。

スポンサーリンク

防水性のあるスタッフバッグ「ドライサック」

ザック内で、山道具を小分けできる便利グッズ「スタッフバッグ(スタッフサック)」ですが、防水性のものもあります。防水性のあるスタッフバッブを「ドライサック(ドライバッグ)」といいます。


⇒この『ドライサック』の詳細はコチラ

この防水性のある「ドライサック」を利用し、濡らしたくないものだけをいくつかに分けて防水する方法もあります。携帯電話やヘッドランプなどの電化製品、着替え、財布など濡らしたくないものをジャンルに分けて、防水。これならばザック自体が濡れたとしても、内部の貴重品や着替えなどは確実に守られます。

容量が1Lの小さいサイズから、数サイズがラインナップされています。中に詰め込む物に応じて、サイズを変えてくださいね。

ですが、1つ1つをしっかり圧縮しないと荷物がかさばってしまうので注意!大きいザックが必要となってしまいます。

ザックとの同時購入がオススメ

ザックカバー・パックライナーなどの防水グッズは、ザックとの同時購入をオススメ。

というのも、これらの防水グッズは、ザックそれぞれに専用のものが販売されているのではなく、容量に応じて数種類が用意されているだけ。

なので、その場で実際にフィッティングし、ザックのサイズや形に合ったものを購入しなければならないからです。

特にザックカバーに関しては、サイズが小さすぎるとザック全体を覆うことができず、また大きすぎると強風時に風をはらんで飛ばされてしまいます。