おすすめの登山映画(邦画)

公開:2011年 監督:片山 修
出演:小栗旬 長澤まさみ 佐々木蔵之介 他
【あらすじ】

世界の巨峰を登り歩き山をこよなく愛する島崎三歩(小栗旬)は、山岳救助ボランティアとして登山者の命を守ってきた。春、長野県警山岳救助隊に配属された 椎名久美(長澤まさみ)は三歩の指導のもと成長していくが、実際の現場では遭難者を救うことができず自信を失っていた。そんなある日、猛吹雪の冬山で多重 遭難が発生し、久美は仲間と共に救助に向かうが……。
⇒『岳 -ガク-』の詳細はコチラ

公開:2009年 監督:木村大作
出演:浅野忠信 香川照之 松田龍平 他
【あらすじ】

明治40年、日本地図完成のために立山連峰、劔岳への登頂に挑む、陸軍測量手の柴崎芳太郎(浅野忠信)ら7人の測量隊。山の案内人、宇治長次郎(香川照 之)や助手の生田信(松田龍平)らと頂への登り口を探すが、生田が足を滑らせけがを負ってしまう。大自然の厳しさを見せつけられた測量隊だったが、柴崎と 宇治はある言葉を思い出し……。
⇒『劔岳 点の記』の詳細はコチラ

スポンサーリンク
公開:2014年 監督:木村大作
出演:松山ケンイチ 蒼井優 豊川悦司 他
【あらすじ】

立山連峰で暮らしてきた長嶺亨(松山ケンイチ)は、山小屋を経営する厳しい父・勇夫(小林薫)に反発し都会で暮らしていたが、父が亡くなったため帰郷す る。そこで気丈に振る舞う母やその姿を見つめる山の仲間、遭難寸前で父に救われ今は山小屋で働く高澤愛(蒼井優)らと接するうち、組織の歯車として働く今 の生活を捨て山小屋を継ぐと決める。
⇒『春を背負って』の詳細はコチラ

公開:1977年 監督:森谷司郎
出演:高倉健 北大路欣也 加山雄三 他
【あらすじ】

明治34年末、日露戦争を目前にして陸軍は寒冷地教育の不足を痛感していた。ロシア軍と戦うためには雪中行軍をして、雪とは何か、寒さとは何かを知らねば ならなかった。その行軍の目標となったのが生きては帰れぬ冬の八甲田であった……。「小説吉田学校」「日本沈没」の森谷司郎監督が、高倉健を主演に、壮大 なスケールで描いたドラマ。
⇒『八甲田山』の詳細はコチラ

公開:1970年 監督:村野鐵太郎
出演:石原裕次郎 他
【あらすじ】

気象学者の野中到は冬の富士山頂で気象観測を行うのが夢だった。だがそれはまだ誰も成し遂げていない計画であり、妻の千代には打ち明けずにいた。野中から 計画を聞いた気象台技師の和田博士は、危険ではあるものの、日本の気象学に与える影響の大きさから、野中に協力する。野中は冬の富士山に登り、私財を投げ 打って日本初の観測所を建設した。だが厳しい冬の極寒は、徐々に野中の生命を削っていた。
⇒『富士山頂』の詳細はコチラ

スポンサーリンク
公開:1978年 監督:森谷司郎
出演:鶴田浩二 三浦友和 田中健 他
【あらすじ】

中箕輪尋常高等小学校の生徒と引率の先生たちは、修学旅行中、暴風雨に襲われ、山小屋を急造して避難していた。校長の赤羽にとっては、この中央アルプス駒ケ岳登山は執念の行事であった。彼には「子供を困難を乗り越えられる人間にする」という教育方針があった。しかし、引率の清水は、もともとこの登山には反対であった。というのも、彼は、同僚の樋口や伊吹やえとともに自由な理想教育を目指し、校長とは度々論争をしていたのだった・・・。
⇒『聖職の碑』の詳細はコチラ

公開:2008年 監督:原田眞人
出演:堤真一 堺雅人 尾野真千子 他
【あらすじ】

1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。編集部で全権デスクに任命さ れた悠木和雅(堤真一)は記者として扱う一大ニュースに対する興奮を禁じえないが、中央紙とのスクープ合戦や組織や家族との衝突を経て、命の重さに対しわ き上がる使命感を覚える。
⇒『クライマーズ・ハイ』の詳細はコチラ

公開:2014年 監督:矢口史靖
出演:染谷将太 長澤まさみ 伊藤英明 他
【あらすじ】

大学受験に失敗し高校卒業後の進路も決まっていない勇気(染谷将太)は、軽い気持ちで1年間の林業研修プログラムに参加することに。向かった先は、携帯電 話が圏外になるほどの山奥のド田舎。粗野な先輩ヨキ(伊藤英明)のしごき、虫やヘビの出現、過酷な林業の現場に耐え切れず、逃げようとする勇気だった が……。
⇒『WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~』の詳細はコチラ

公開:1968年 監督:熊井 啓
出演:三船敏郎 石原裕次郎 大滝秀治 他
【あらすじ】

富山県黒部川上流に関西電力が建設する第四発電所。現場責任者には北川(三船敏郎)が任命され、資材運搬用のトンネル掘削は熊谷組が担当になった。熊谷組の岩岡源三の息子である剛(石原裕次郎)は父の強硬なやり方に反発し設計技師に。現場に赴いた剛はそこで体力が衰えてしまった父と、熱心に工事に打ち込む北川の姿を見て、工事に参加することに。やがて工事現場では山崩れが起こり大量の水が流れ込んだ…。
⇒『黒部の太陽』の詳細はコチラ

ページ先頭へ